ワラドの冒険 Q&A・ルール補足(2016.5.18更新)


《Q&A》

Q1)ラクダの移動は2歩強制ですか?また、いたずら果実で+2歩になりますが、その場合も4歩強制ですか?

→A1)どちらも強制ではありません。

ラクダの歩数は1~2歩です。

いたずら果実の効果が加わると1~4歩となります。ただし必ず1つのキューブに対しての歩数なので、4歩進めるからといって4つのキューブを1歩ずつ進めることはできません。

※説明書では、ラクダもいたずら果実も多く進めることを強調したい書き方になっていてわかりづらいですよね…すみません。


Q2)精霊の効果は契約した列のコマでしか使えないのですか?

→A2)いいえ。すべての列のコマで使えます。

契約の際は列も条件となりますが、精霊の効果はすべての列のコマが対象になります。

※海の魔人の効果は、同列の海へのワープなので別の列の海にはいけません!


Q3)2~3人プレイだとゆるすぎませんか?

→A3)ゆるく感じた場合は、以下のヴァリアントルールをお試しください。

少人数プレイだとエリアの2コマ制限が起きにくいので確かにゆるく感じるでしょう。そんな時は、列を減らしてみてください!

通常ルールでは縦に5列作りますが、1~2列減らすのです。その際、使わないカードは箱にしまってください。(※2列減らしはやりすぎかもです^^;)


Q4)Q3とは逆に、ガチ勝負になりすぎて一手一手にストレスを感じます。なにか改善案はありますか?

→A4)制限ルールを無視してプレイしてみてください。

質問のような場合や、初心者や子供さんとプレイする場合は、1エリア2コマ制限や精霊の契約制限(通常は2人まで可)を無視してプレイしてみてください。

面白さより難しさが際立ってしまっては悲しいですから・・・楽しく遊んでいただけることを願っています。


Q5)作戦を考え込んでいたら誰の手番かわからなくなってしまいました。

→A4)しかたないですね・・・みんなで指さしして(自分を除いてですよ!)一番多く指された人から再開してください。

熱中しちゃうとわからなくなったりしますよね^^;そんな時は、適当なものをマーカーとして手番プレイヤーが持つようにするとわかりやすいです。

(基本的に2~4人プレイでは15回、5人では12回手番ができるようになっています。※場の配置状況や盗賊によって多少前後することがあります。)


ページトップへ / 概要 / セット内容 / 拡張#1 / ゲームの流れ / 拡張について / 精霊について / イラストやデザインについて

ワラドの冒険 説明書 / ワラドの冒険 それぞれの物語 / ワラドの冒険 魔法陣と東方の精霊

Copyright © 2014 TAGAMI GAMES All Rights Reserved.

inserted by FC2 system